1. HOME
  2. ブログ
  3. 世界っておもしろい!知的好奇心を育むグローバルコースの秘密|小学生オンラインスクール

世界っておもしろい!知的好奇心を育むグローバルコースの秘密|小学生オンラインスクール

地球の反対側、南アメリカはワクワクであふれていた

少人数ゼミ制の「ウィーケン!オンラインスクール」「グローバルコース」では、「子どもが将来活躍するフィールドを世界に広げる」をコンセプトに、毎月世界の1エリアをテーマに、地理、歴史、国際情勢、文化などを学びながら、世界の広さと多様な価値観を楽しく体感しています!3月は、日本からみて地球の真裏にある「南アメリカ編」でした。

「みんな楽しそうに学んでいる!」と見学にきてくれた親子から感想をもらうグローバルコースの子どもたちですが、どんな風に知的好奇心とグローバルマインドを育んでいるのか、授業の様子をご紹介します。

1ヶ月かけてそのエリアの全体像と一番興味のある国を調べていく

授業では、毎月のエリアの地理や歴史、国際情勢や文化など、全体像についてDAY1で講義やディスカッションをします。

それを受けて、DAY2以降、自分が一番興味のある国について調べて、毎回の授業でみんなに共有したいことを発表し合います。そして、DAY4で最終発表会を行います。

今月のテーマエリアである南アメリカは、距離はとても遠いけれど、実は子どもたちの好奇心を育むワクワクポイントがたくさん!身近な南アメリカ探しでは、
「バナナの産地がエクアドルだった!お母さんがブラジルのコーヒーを飲んでいた!」
「アルパカをさわったことがある!」
「ナスカの地上絵がかかれたりんごを買ったことがある友だちがいた!絵の長さと同じ値段だったらしい
!(スゴイ!)
など、たくさんの「南アメリカ」を見つけてくれました。

そして、今月の地理テーマは、世界の公用語の話です。グローバルコースでも、毎回英会話にチャレンジしていますが、南アメリカでは、英語ではなくスペイン語とポルトガル語がよく話されています。
「なぜスペイン語とポルトガル語なんだろう?」
これまで学んだことを思い出したり、推測したりしながらディスカッションしていきました。

そして、グローバルコースの目玉の一つが、これまで60か国以上と生中継をしてきた「グローバル中継」です。深夜のペルーとボリビアから、世界の広さを感じる話を聞くことができました。

標高3000m以上からのペルー生中継 

今月1回目(DAY2)のグローバル中継では、ペルーでガイドをされている、Seigo Maruishi(https://www.illapatours.com/)さんが時差を越えて登場してくれました。

なんと、3000mをこえる高地からの生中継にみんな大興奮です。
「高いところで息は苦しくないんですか?」(その質問もさすがです。)
「低いところに行くとすごく動けるようになるんですか?」(そうでもないらしいです。)

美しい大自然が好きだというSeigoさん。ペルーは、海岸沿い、アンデス山脈の高地、アマゾンのジャングルと3つのエリアがはっきりと分かれていて、それぞれに大自然の魅力があふれているそうです。

Seigoさんが暮らす高地の人々は、花を切ったり、食べ物を焼いたりしながら、自分で仕事を作って生きています。市場では商品の値段が書いておらず、お店の人とたくさん会話をしながら買い物をするという話にも、みんなへぇ!という表情です。

自然や人の暮らし、トイレの話まで、初めて聞く世界への好奇心から、子どもたちの質問が止まりませんでした!

実は日本がいっぱいのボリビア

今月2回目(DAY3)のグローバル中継では、ボリビアから、同じく時差を越えて日本人ガイドのズミさん&さえこさん(http://narushima.org/)が登場してくれました。

南アメリカ大陸の中では、そんなに大きな国に見えないボリビアですが、実は日本の3倍もあります!これにはみんなビックリ。そして、海はないけれど川や山に、ピラニアやワニやナマケモノなど、子どもたちがよく知る動物がたくさん暮らしているんだね。珍しい食べ物もあって、
「アルマジロも食べるって本当ですか!?」(本当らしい。ピラニアも食べるんだって!)など、調べてきたことを質問している子もいました。

ボリビアの学校は、授業が午前か午後だけという話にもみんな驚きました。探究SDGsコースを受講している子にはなじみのある話ですが、そう、家事やお仕事のお手伝いをしているんですね。

また、ボリビアには日本の中古車がたくさん走っていたり、日本人の子孫もいっぱいいるんだね。「オキナワ」という地名も発見しました!

「日本の車がたくさん走っているのがびっくりした!」
「こんなに遠いのに日本のお米がうっていた!」

など、地球の裏側で根付いている日本文化も発見することができました。

今月の集大成の旅プラン発表会はペルー、ボリビア、ブラジルにエクアドル

DAY4の発表会では、これまで調べたり聞いたり考えたことをまとめた、自分だけの旅プランについて発表してもらいます。魅力あふれる南アメリカは、発表が色んな国に分かれました。

「ブラジルのアマゾン川にたくさん動物がいるから、テントで移動しながら写真をとって、動物図鑑を作る!」(先月のモンゴルのゲルみたいだね。笑)

「ペルーのナスカの地上絵の横に、自分で絵をかく!」(どんな絵をかくのか他の子が質問したら、今かかれていないからドラゴンをかくって!見てみたい!)

子どもたち同士、たくさんの質問が飛び交いながら、今月もワクワクの旅プランがたくさん登場しました!

知らないことを知ることが楽しくて仕方ない!4月は東ヨーロッパ編

「みんなすごく楽しそう!」
見学に来てくれた親子からは、いつもこんな感想をもらうグローバルコースの授業です。

子どもたちの「ふつう」は世界の「ふつう」ではないこと、世界には知らないことがあふれていて、「知らないことを学んでいくこと」はとても楽しいことだと体感していくから、学ぶことがどんどん楽しくなっていきます。

4月は、大人も知らないことがたくさん!東ヨーロッパ編です。グローバルコースの無料体験でお待ちしています!

未来にいきる力を伸ばす!少人数ゼミ制のウィーケン!オンラインスクール

無料体験受付中

無料体験、随時受付中!コチラから詳細をご覧ください。

関連記事