1. HOME
  2. ブログ
  3. 気になる子どもたちの発表動画まとめ|小学生オンラインスクール探究SDGs

気になる子どもたちの発表動画まとめ|小学生オンラインスクール探究SDGs

発表が好きになる!1ヶ月に1回の子どもたちの発表動画をご紹介

「プレゼンテーションは得意ですか?」
「人前で話すのは好きですか?」
大人でも自信をもってYES!といえる人は少ないのではないのでしょうか?

少人数ゼミ制ウィーケン!オンラインスクール「探究SDGsコース」では、毎月持続可能な開発目標(SDGs)の一ゴールをテーマとし、子どもたちに9つのミッションに取り組んでもらいます。そしてDAY4で、それぞれが興味のあるテーマについて最終発表会を開催します。

今回は、小学2~3年生のウィーケン!キッズたちの発表動画を各月1分程度にまとめてご紹介します!※紹介OKな子どもたちだけ掲載しています。

クリーンエネルギー SDGs7:クリーンエネルギーをみんなに そしてクリーンに

低学年の子たちにとって、これまでで一番イメージしにくいクリーンエネルギーというテーマに向き合ってくれた2020年9月。翌月の地球温暖化に続く難しいテーマでしたが、子どもたちなりに解釈して、どうしたらいいのか自分の頭で考えて提案してくれました。全員が「発表が好きになった!」と堂々とプレゼンテーションしてくれる姿が頼もしくなってきます。

食品ロス SDGs12:つくる責任 つかう責任

食品ロスは、学校やおうちの人からよくいわれる「もったいない」以外に、もっと地球に悪いことがあるということがわかった2020年8月。食品ロスがある一方、食べられない人もいる、その矛盾を解決する方法としてフードバンクという仕組みがあることもゲストの方から学びました。このテーマから、子どもたちが自由な発想で「解決策」を提案するようになります。また、発表も、「やってみた」という実践型にチャレンジする子が増えてきます。

水の安全 SDGs6:安全な水をトイレを世界中に

水は日本では当たり前に水道から出てくるけれど、それは実は当たり前ではないということがわかった2020年7月。エチオピアで水道事業をすすめるゲストの方に登壇いただき、自分たちの生活とは違う環境があるということを実感していました。他の子の発表をみて、表や写真などの補助資料を工夫するようにもなりました。

海の生き物と海洋ゴミ SDGs14:海の豊かさを守ろう

探究SDGsがスクールカリキュラムとしてスタートした1回目の2020年6月。生き物が大好きな子どもたちが多い中、ウミガメをはじめ海の生き物がプラスチックで苦しんでいるということを初めて知り、衝撃をうけていました。発表するということ自体にもまだ慣れていない中、試行錯誤しながらテーマを選んで子どもたちになりに自分で考えたことを発表してくれました。

また、海のゴミ拾いやウミガメに会いにいく等、自分でできる行動を実践したという報告も何人からももらいました。

未来にいきる力を伸ばす!少人数ゼミ制のウィーケン!オンラインスクール

無料体験受付中

無料体験、随時受付中!コチラから詳細をご覧ください。

関連記事