1. HOME
  2. ブログ
  3. 世界をつなぐ!同時通訳と翻訳のお仕事体験│小学生オンライン

世界をつなぐ!同時通訳と翻訳のお仕事体験│小学生オンライン

少人数・双方向型のウィーケン!オンライン週末体験、『同時通訳と翻訳のお仕事体験』を開催しました。

教えてくれたのは、日本語と韓国語の同時通訳・翻訳家の林 悠(はやし はるか)先生。「話し言葉」の通訳から、「書き言葉」の翻訳まで、幅広く活躍されています。

外国語で話された映像の通訳をしてみたり外国語で書かれた文章を翻訳してみたりと、「ことば」尽くしの時間!小学2年生から6年生の子どもたちと同時通訳・翻訳のお仕事にワクワクチャレンジしました!

高度な集中力が必要!同時通訳のお仕事に迫る

体験は、「同時通訳」や「翻訳」のお仕事を知るところからスタート。みんなが思う「通訳」と「翻訳」のお仕事って?

「たとえば、日本語から英語に変えること!」
「外国人が日本に来たときに、外国語だとわからないから日本語に変える仕事。」
など、自分の言葉で自分の考えや体験を教えてくれました。

ドイツから参加の女の子は、
「英語やドイツ語が話せない日本人のお友達のために、日本語に変えて伝えている!」と既に通訳の実践も!

今回みんなにチャレンジしてもらったのは、「同時通訳」の体験。通訳のお仕事の中でも、高度な集中力が必要で、トップクラスの同時通訳者でも15分~20分しか継続して通訳できないくらいなんだとか!「聞く・通訳する・話す」の3つの動作を同時にしかも瞬時にやらなければいけないから納得だよね!

今回の同時通訳は、①の「聞く」と③の「話す」を同時に行う「シャドーイング」にチャレンジ。

「全部むずかしかった」
「早口で長いところが難しかった」
「先生がめちゃくちゃ早口で一緒について行くのが大変だった」

はるか先生は、さらに②の通訳するも同時にやっているんだからすごいよね!

この「シャドーイング」は、同時通訳になるためのトレーニングとしても使われており、外国語の勉強にも有効なんだとか。外国語を学んでいる子は外国語でもチャレンジしてみてね!

実は世界とつながっている!日常生活で活躍している翻訳者のお仕事

みんなが日常的に見ている日本のアニメや絵本、マンガは、世界中で愛されています。また、テーマパークに行けば世界各国の言語で書かれたパークガイドがあるし、おもちゃの説明書は7カ国語で書かれていたりします。

普段みんなが日常的に見ているモノが、実は世界中で、言語の異なる人たちに使われていたりするんですよね。それは、世界中で活躍している翻訳者さんたちのおかげなんです。

今回の体験の後半では、そんな翻訳者のお仕事を体験しました。韓国語の文章を日本語へ翻訳することに挑戦です。

「このキャラクターなら『わたし、ぼく、おれ』何を使うかな?」
「この作品では、フライパンじゃなくておなべと言う言葉を使っていたからおなべにしようかな」
「ここは話し言葉にして楽しそうな表現にしようかな」

同じ意味の言葉でも、いろんな表現があって、登場人物や表現によって選ぶ単語が違うんだね!

子どもたちが一人ずつ考えた翻訳は、元は同じ文章でも、同じものはひとつもない。自由な発想の子どもたちならでは、それぞれに表現豊かな絵本翻訳の完成です!

これから世界を舞台に活躍する子どもたちへのメッセージ

「実は、通訳や翻訳のお仕事には外国語の能力が大切なように思えるけど、自分の国の言葉や文化を知っていることがとっても大切です!外国に行けば、日本はどんな国なのか、どんな歴史がありどんな文化があるのかを聞かれる。みんな、外国語や外国のことだけじゃなく、日本のこと、日本語のことしっかり勉強してね!」

これから世界を舞台に活躍するだろう子どもたちへ、はるか先生からのメッセージです。

留学をしたり外国にお仕事をしに行ったり、日本で外国の人と話したり…これからのみんなの人生には世界と触れ合う機会がたくさんあるだろうから、そんな時は今回のお仕事体験で学んだ、「場面や人物に合わせて選ぶ言葉が変わること」「日本語や日本を大切にすること」思い出してね!

最後に今回の体験の感想を聞いてみました!

「文章を考えるお仕事は難しくて大変そうだけど、楽しかった。」(小2男の子・小3女の子・小4女の子)
「最初は難しくてできないと思ったけど、やってみると意外とできるなと思った。」(小4男の子)

みんな、よく頑張ったね!はるか先生、カムサハムニダ!

講師紹介
日韓通訳・翻訳家 林 悠

子どもの頃から言葉への関心が高く、大学時代に韓国語を学び始め、難関といわれる韓国の梨花女子大学 通訳翻訳大学院で修士課程を修了。日韓の通訳・翻訳家として、韓国では、政府機関や学界における会議や観光フェスティバルなどで同時通訳や翻訳を、また日本においては、企業での同時通訳やオンラインゲームのローカライズ翻訳など幅広く活躍する。

子どもたちが夢中になる!双方向・参加型オンライン体験のウィーケン!オンライン体験(週末)

募集中の体験はコチラから

送迎不要、天候も関係ない!思いついたらすぐ参加!全国・世界の空間を超えたワクワクの出会いが、子どもたちの未来の可能性を広げる!

関連記事