1. HOME
  2. 体験スケジュール
  3. オンライン
  4. [STEAMコース7月] おうちdeウィーケン!

[STEAMコース7月] おうちdeウィーケン!

AIもロボットも自動運転も
その先の未来をつくっていくのは、ボク・ワタシなんだ

STEAMコース: 毎週木曜  17:00-18:00 

「週替わりで登場する講師とワクワク学ぶ、ウィーケン!だけのSTEAMコース」
Science(科学)、 Technology(技術)、 Engineering(工学)、Mathematics(数学)を統合的に学習する「STEM教育(ステム教育)」に、 Arts(芸術・リベラルアーツ)を統合したのが、「STEAM教育(スティーム教育)」。アメリカで始まり、日本でも近年よく耳にするのではないでしょうか?
AIやロボットがますます活躍し、今以上に社会の変化スピードは激しくなると予想されています。その中で必要とされるのは、AIに使われる側ではなく、「AIを使いこなす側」、それは変化に翻弄されるのではなく「変化を生み出す側」になる力です。
このコースでは、オンラインだからできること!親子から絶大な支持を誇るウィーケン!のプロ講師が週替わりで登場し、STEAM教育の数学的・科学的基礎を学びながら、論理的思考と創造性を育みます。
「考えること自体に価値があるんだ!」安心して、挑戦して、失敗して、迷って、たくさん考えよう!
未来を作っていくのは、今のボク・ワタシたちなのだから!

STEAMコース 3つの特徴

親子から絶大な支持を得るウィーケン!講師たちが週替わりで登場! オンラインだからこそできること!STEAMを一貫したラインナップでお届けします!
双方向・参加型! 自慢の講師陣と、全国から集まる異年齢で刺激的な仲間とのインタラクティブ授業が、成長を加速させる!
振り返りシートで学びを深める! 毎回の授業後に宿題となる、ウィーケン!オリジナルの振り返り用「ケイケン!シート」。振り返りの言語化を通して、学びをさらに深めます!

コースの流れ

1.平日は、週に1回STEAMコースの授業に参加 (毎週木曜日)
「深める平日」では、子どもたちの今の興味を中心に、毎週固定曜日に固定メンバーと授業を進めます。活気あふれる双方・参加型の授業を、毎月変わるテーマに沿って受講します! ※ 月ごとに他コースへ変更OK
2.週末は、月3回まで好きな授業に参加 (75~90分/回) 「広げる休日」では、子どもたちの新たな好きや得意を発見するチャンス! 受講中のコースに関連した授業を受けるもヨシ、違うコースもヨシ、たまたま時間が空いたからもヨシ。偶然の出会いからも、子どもたちの可能性は広がっていきます! ※ 4回以上受講したい場合は、特別価格。週末のみ単発受講OK。

1ヶ月に、平日の選んだコースの週1回の授業(4回)週末のお好きな授業(3回)合計7回 受講いただけます。価格 15,000円 / 月(税込)

7月の時間割

開催概要

日時 平日:毎週木曜日  7/2、7/9、7/16、7/23  17:00-18:00
週末:毎月の時間割による
​価格 【基本】
15,000円 / 人・月(税込)

・平日の選んだコースの週1回の授業(4回)+ 週末のお好きな授業(3回)=合計7回 受講いただけます。
・兄弟・姉妹割:-2,000円 / 人・月 

【週末単発】
一般:3,500円 / 人・回(税込)
コース受講者で 月4回目以上[特別価格]:2,000円 / 人・回(税込)
集合場所 開始時間5分前までに、ご自宅のPC・スマホ・タブレット前
対象年齢 小2~小5
・年齢以上に個人差が大きいため、前後の学年でもご参加いただけます(いつでもご相談ください)
人数 15人
予約締切 随時受付中 : 会員登録の上、お申込みボタンからお申込みください。
[お申込みから利用開始までの流れ]
①会員登録&お申込みのうえ、平日コース1つご予約
②事務局からの自動送信メールに従いお支払い(銀行振込 or クレジットカード払(手数料はご負担願います))
③利用開始日1~2日前に、ZOOMへのアクセス情報をご案内
③ZOOMにアクセス
準備物 ・カメラ・マイク付PCまたはスマートフォン・タブレット等の端末
・Web会議システム『ZOOM』(開始前に、お使いの端末に必ずZoomのインストールを願いします。
おうちdeウィーケン放題!スタートガイドご参照)

・その他、授業個別の準備物は、下記「準備物」欄をご確認ください。
注意事項 ・お申込み確定は、お支払い順による先着制です。お申込みから3日以内にお支払いをお願いします。
子どもたちにとって、安心・安全な場にするための重要なお願い
参加者プライバシーと著作権の観点から、画面の動画撮影は固く禁止しております。
画面をつけてのご参加をお願いします。

授業紹介と準備物

・講師の皆さまには知恵を絞っていただき、なるべくおうちにある材料でできるものに工夫しています。ない場合は、「代替品への工夫」自体も、ぜひ子どもたちと楽しんでください!


7/2   プログラミング:Technology(技術)

子どもたちが夢中になる、ウィーケン!でも大人気のプログラミング授業を再構成!現役システムエンジニアから学ぶプログラミング。初心者から上級者までウェルカム!子どもたち同士が競い合いながら進む授業で、授業が終わってもプログラミング熱が冷めない!

講師:松浦朋佳(もか先生)
約10年、大手システムメーカーでシステムエンジニアとして活躍。原理原則を大切にしながら、一人一人に寄り添う。

準備物
参加者に別途ご連絡


7/9 算数教室:Mathematics(数学)

「たけちゃん先生」で子どもたちから大人気の、名城大学・教職センター竹内教授の算数教室。「正解を出すことより、自分の頭で考えることに価値がある!」という一貫した教えの元、子どもたちがイキイキと自分で考えるようになっていく姿は、必見!

名城大学 教職センター教授 竹内 英人
数学教師育成のプロフェッショナル。大学では、「いかに生徒の数学の学力を向上させるか」をテーマとし、将来中高の数学教員を目指して入学してくる学生向けに教職教育を行う。また、若手教員の授業力向上のために、全国で教員研修の講師を担当している。また、啓林館の中学校・高校数学教科書の執筆をはじめ、著書多数。小・中・高校生への数学の出前講義も大人気で、全国で開催している。

準備物
ノート・筆記用具

 

7/16 理科の実験:Science(科学)

子どもたちの「やってみたい!」を引き出す、大人気の理科の実験!「こんなに理科が楽しいと思わなかった!」毎月代わるテーマをお楽しみに!

講師:ウィーケン!代表・校長 佐々木 亜由子
おなじみウィーケン!校長の「あゆちゃん先生」。国際政治学士・経営学修士(MBA)。約10年航空宇宙業界で活躍し、ウィーケン!を創業。小・中・高・大学・企業研修で講師登壇、キャリア教育のNPOアスクネットの理事も兼ねる。【代表紹介:https://www.weeek-end.com/about/

準備物
調整中

 

7/23 図工:Arts(芸術・リベラルアーツ)

ついにリアルタイムで、おうちdeくじら図工室が実現!道具の使い方、接着の仕方、色の塗り方などの基本を学びながら、形や色の感覚を広げる時間!プロ指導の元、アートの感性を育みます!

くじら図工室講師 青木 絵実
23歳の時に、レバノン・パレスチナ難民キャンプでアートを教えるボランティアに参加。アート教育の大切さや可能性を感じる。その後、上海日本人学校の図工教員を経て、くじら図工室を設立。「技術教育ではなく、アートを通した教育を」をモットーに、子供たちが自分で考え、生き生きと制作できるプログラムを日々模索中。
[くじら図工室HP: https://www.kujira-zukoushitsu.jp]

準備物

 

おうちdeウィーケン!7月開催の他授業はこちら

■”深める平日”3コースはこちら

グローバルコース

探究コース

STEAMコース

■”広げる週末”ラインナップ(単発予約OK!)はこちら

7/4 サイエンス実験スペシャル

7/5 自分deお弁当づくり

7/11 温泉バスボムづくり

7/12 食でめぐる世界旅

7/18 バイオミミクリ

7/19 おやこdeカフェ

7/25 歯医者さんのお仕事

参加親子の声

ページ最下部のウィーケン!公式SNSで、子どもたちの授業レポが見られます。

「ゲームばかりになっていたであろう娘の日々を救って頂き、お弁当作りで悩まされていたであろう母を救って頂き、父に仕事に集中できる環境を作って頂き感謝しています。おうちdeウィーケン!は、いつも笑いにあふれ、挑戦があり、驚きがあり、発見があり、先の見えない日々の中でも明るく健やかに過ごすことができました。娘は一人で参加することにすっかり慣れて。娘自身が成長させてもらったのはもちろんですが、私も娘の「できる力」に気づかせもらいました。」(小4ママ)

「ウィーケン!に参加してから、子どもたちは毎日楽しそうです!3月の休校期間は勉強と習い事の反復ばかりで、正直なところ子どもたちが可哀そうだったのと、母親の私自身もしんどかったです。でも今は、私たちはウィーケン!で「今だからできる体験」をさせてもらえ、そのおかげで日々を楽しめています。本当にこのサービスと出会えて良かったです!」(小2・年中ママ)

「娘もとっても喜んでいます。すぐにお友だちの名前も覚えて、毎日楽しみにしています。現地校のお友だちとビデオチャットで、日本のオンラインクラスに参加しているんだと自慢気に話していました。ロックダウンで家では子どもが娘しかいないですし、他のお友だちとリアルタイムでしゃべったり顔を見たりしてとっても嬉しいようです。いつの間にか皆が使っているのを真似してちゃんと敬語を使うように、感謝感謝。先生たちの名前をすぐにおぼえて、レッスン後はどんな内容だったか私に教えてくれています!」(海外から参加の小3ママ)

| オンライン