1. HOME
  2. ブログ
  3. イタリア生中継!愛情たっぷり本場の味│小学生オンライン体験レポート

イタリア生中継!愛情たっぷり本場の味│小学生オンライン体験レポート

食でめぐる世界旅、イタリアから生中継で本場の家庭の味を体感!

少人数・参加型のウィーケン!オンライン週末体験、「イタリアから生中継!食でめぐる世界旅~本場ボロネーゼとティラミス作り」を開催しました。グローバルマインドを育むウィーケン!のグローバルオンラインスクールより、食でめぐる世界旅シリーズ第18弾です!

教えてくれるのは、イタリア在住のケイコ・ソリーノ先生。現地で料理教室を主宰するケイコ先生は、観光アテンドでもあるので、まるで現地を旅しているようなワクワクするイタリアの話ももりだくさん!

愛情の分だけ手間と時間をたっぷり注ぐ、本場イタリアの味を親子で体験したようすをご紹介します。

参加者の声:

「どこの国でも時短料理は喜ばれると思っていたから、イタリアでは料理は時間をかければかけるほどいいと聞いてびっくりした!」(小学4年生女の子)

「本格ボロネーゼ、すごく美味しかったです!」(小学3年生男の子)

「また作ってくれると言ってくれました!」(小学3年生のお母さん)

イタリアってどんなところ?

今回は時差7時間のイタリア現地からなんと生中継!子どもたちはイタリアのこと、どれくらい知ってるかな?の問いに、

「ピザ!」
「パスタ!」
「チーズ!」
などなど身近なお料理のほか、「ローマの休日」なんて映画のタイトルも飛び出しました。そして、かんたんイタリア語講座も!現地在住のネイティブイタリア人である、ケイコ先生の旦那様であるアントニオ先生から生のイタリア語を学びます。やっぱりネイティブの発音はとってもカッコいい!先生の発音に合わせてみんなで発音してみます。これで授業の終わりのあいさつはバッチリだね!

煮込むほどに美味しくなる本場ボロネーゼ

いよいよ、本場イタリア・マンマの味にチャレンジ。まずはボロネーゼのソース作りからスタート。香味野菜をじっくりと炒め、焦げないように時々かき混ぜながら煮込んでいきます。家族への愛情の分だけ手間と時間をかけるイタリアの家庭では、1時間くらい煮込むのが普通なのだとか。

さらにイタリアの人は出来立てのパスタしか口にしないというお話も!日本のコンビニで人気のレンジで温めて食べるパスタなんてありえないのだと聞き、親子みんなビックリ!現地で暮らす先生だからこそ知る、本場イタリアのようすを聞きながらソースを煮込みます。

イタリア全土で愛されるデザート作り

ソースをじっくりと煮込んでいる間に、デザートまで製作!イタリア全土で愛されている、ティラミスです。イタリアではティラミス用のビスケット(!)が売っているけれど、日本では手に入らないので今回は特別レシピを教えてもらいます。とろりとしたクリームを大切に大切に流しこんだら、きれいな層のティラミスが完成!

子どもたちはビックリするほどの手際のよさで、スピーディーに2品を作り上げていきました!盛り付けもイタリアならではのコツをつかい、ボロネーゼの煮込み時間が長いほど美味しいと大評判。ぜひまた、たっぷり時間をとって本場の味を再現してみてね!

最後は習いたてのイタリア語でケイコ先生&アントニオ先生にお礼を言いました!
「グラツィエ!」

次回のウィーケン!食でめぐる世界旅は、スウェーデン伝統料理編です!ご参加をお待ちしています!

講師紹介
Keiko Sorino(ケイコ・ソリーノ)

南イタリア プーリア州在住。チーズプロフェッショナル(日本)と上級チーズテイスター(イタリア)を持ち、現地で南イタリアチーズ&料理教室を主宰。イタリア公認ライセンス添乗員でもあり、現地の観光アテンドも行っている。
HP

子どもたちが夢中になる!双方向・参加型オンライン体験のウィーケン!オンライン体験(週末)

募集中の体験はコチラから

送迎不要、天候も関係ない!思いついたらすぐ参加!全国・世界の空間を超えたワクワクの出会いが、子どもたちの未来の可能性を広げる!

関連記事