1. HOME
  2. 体験一覧
  3. オンライン体験
  4. [STEAMコース6月] 時間割・準備物 おうちdeウィーケン!

[STEAMコース6月] 時間割・準備物 おうちdeウィーケン!

※下記内容は調整中のため、変更になる可能性があります。

子どもたちが夢中になる、
子どもの未来の可能性を広げるたくさんの出会いがここにある

STEAM(スティーム)コース: 毎週木曜  17:00-17:45

Science(科学)、 Technology(技術)、 Engineering(工学)、Mathematics(数学)を統合的に学習する「STEM教育(ステム教育)」に、 さらにArts(芸術・リベラルアーツ)を統合したのが、「STEAM教育(スティーム教育)」で、アメリカで始まり、日本でも近年よく耳にするので聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

AIと呼ばれる人口知能やロボットが今後ますます社会で活躍し、そして今以上に社会の変化スピードは激しくなると予想されています。そんな中で必要とされるのは、AIに使われる側ではなく、「AIを使いこなす側」、それは、変化に翻弄されるのではなく、
「変化を生み出す側」になる力です!


このコースでは、STEAM教育の数学的・科学的基礎を学びながら、論理的思考と創造性を育みます

そして、ウィーケン!が一貫して大切にしているのは、「学ぶって楽しい!」と 子どもたちが夢中になる気持ち 親子から絶大な支持を得るウィーケン!全ての講師が、子どもたちの個性に寄り添い、自分で考えること自体を価値とする大人たちです。だからこそ、子どもたちも、安心してどんどんチャレンジ、失敗し、そして成長していくのです。

自宅にいながら、オンラインだからこそ実現できる、STEAMの一貫した幅広いラインナップの授業をお楽しみください!

▼おうちdeウィーケン!6月(平日・土日)についてはこちら

STEAMコース 3つの特徴

親子から絶大な支持を得るウィーケン!講師たちが週替わりで登場! Science(科学)、 Technology(技術)、 Engineering(工学)、Arts(芸術・リベラルアーツ)、Mathematics(数学)のその道の講師が、週替わりで登場!STEAMを一貫した幅広いラインナップでお届けします!
双方向・参加型! 子どもたちの個性を尊重し、自分で考えること自体を価値とするウィーケン!自慢の講師陣と、全国から集まる異年齢で刺激的な仲間とのインタラクティブ授業が、成長を加速させる!
アウトプットのスキルもアップ!論理的に考え、創造性を育み、そしてそれを発表する練習も!

STEAM(スティーム)コースの流れ

1.平日は、週に1回、STEAMコースの授業に参加 (毎週木曜日 17:00-17:45)
「深める」平日では、子どもたちの今の興味を中心に、毎週固定曜日に固定メンバーと授業を進めます!
子どもたちはデバイスの使い方などお手の物!活気あふれる双方・参加型のインタラクティブな授業の元、カリキュラムに沿って受講していきます!
※ 月ごとに他コースへ変更OK(毎月25日までに事務局まで連絡)
2.土日は、月3回まで、好きな授業に参加
(75~90分/回)
「広げる」休日では、子どもたちの新たな好きや得意をさらに発見するチャンス!
STEAMコースの授業を受けるもヨシ、違うコースの授業を受けるもヨシ、たまたま時間が空いたから受けるもヨシ。予定調和ではない、偶然の出会いからも、子どもたちの可能性は広がっていきます! 土日は、月3回まで好きな授業を選んで参加いただけます!
※ 4回以上受講したい場合は、特別価格で受講OK。土日に限っては、単発受講もOK。

1ヶ月に、平日の選んだコースの週1回の授業(4回)土日のお好きな授業(3回)合計7回 受講いただけます。価格 15,000円 / 月(税込)

STEAMコース  6月時間割(土日は追加・変更の可能性があります)

開催概要

日時 平日:毎週木曜日  6/4、6/11、6/18、6/25 17:00-17:45 土日は毎月の時間割による
​価格 【基本】15,000円 / 人・月(税込)
・平日の選んだコースの週1回の授業(4回)+ 土日のお好きな授業(3回)=合計7回 受講いただけます。
・兄弟・姉妹割:-2,000円 / 人・月 

【土日単発】
一般:3,500円 / 人・回(税込)
コース受講者で 月4回目以上[特別価格]:2,000円 / 人・回(税込)
集合場所 参加希望の時間5分前までに、ご自宅のPC・スマホ・タブレット前
対象年齢 小2~小5 ・年齢以上に個人差が大きいため、前後の学年でもご参加いただけます。ご不安な場合はご相談ください。
人数 20人
予約締切 随時受付中 : 会員登録の上、お申込みボタンからお申込みください。
[お申込みから利用開始までの流れ]
①会員登録&基本コースお申込みのうえ、平日各コース1つご予約
②利用開始日1~2日前に、ZOOMへのアクセス情報をご案内
③ZOOMにアクセスして完了!
準備物 ・カメラ・マイク付PCまたはスマートフォン・タブレット等の端末
・Web会議システム『ZOOM』(開始前に、お使いの端末に、必ずZoomのインストールをお願いします。詳しくはおうちdeウィーケン放題!スタートガイドをご参照ください。)
・一部準備物が必要な授業があります。各授業の「準備物」欄をご確認ください。 なるべくご自宅にあるもの中心でできるよう工夫しておりますので、ない場合は代替の上、お気軽にご参加ください。
注意事項 ・開始前に、お使いの端末に、必ずZoomのインストールをお願いします。詳しくはおうちdeウィーケン放題!スタートガイドをご参照ください。
子どもたちにとって、安心・安全な場にするための重要なお願い
参加者プライバシーと著作権の観点から、画面の動画撮影は固く禁止しております。
画面をつけてのご参加をお願いします。

準備物

・講師の皆さまには知恵を絞っていただき、なるべくおうちにある材料でできるものに工夫しています。ない場合は、「代替品への工夫」自体も、ぜひ子どもたちと楽しんでください!

6/4 算数教室:Mathematics(数学)

「たけちゃん先生」で子どもたちから大人気の、名城大学・教職センター竹内教授の算数教室。「正解を出すことより、自分の頭で考えることに価値がある!」という一貫した教えの元、子どもたちがイキイキと自分で考えるようになっていく姿は、必見!

 

名城大学 教職センター教授 竹内 英人 
数学教師育成のプロフェッショナル。大学では、「いかに生徒の数学の学力を向上させるか」をテーマとし、将来中高の数学教員を目指して入学してくる学生向けに教職教育を行う。また、若手教員の授業力向上のために、全国で教員研修の講師を担当している。また、啓林館の中学校・高校数学教科書の執筆をはじめ、著書多数。小・中・高校生への数学の出前講義も大人気で、全国で開催している。

準備物
ノート・筆記用具

 

6/11 理科の実験Science(科学)

子どもたちの「やってみたい!」を引き出す、大人気の理科の実験!「こんなに理科が楽しいと思わなかった!」毎月代わるテーマをお楽しみに!

ヒューマンアカデミー株式会社/STEM教育プログラム・サイエンスゲーツ/福島 有里
子どもたちから「こんなことをやってみたい」「こんなふうにやってみたら面白そう」を引き出すファシリテイタ―
理科教員として約10年間、都内の国立、私立高校にて授業を担当。探究を基盤とした指導の実践を行う。現在、ヒューマンアカデミー株式会社にて、幼児・低学年向けSTEM教育プログラム「サイエンスゲーツ」の開発を担当。実践経験に基づき開発した「サイエンスゲーツ」は、身近なものからサイエンスへの入り口を提案し、驚きと感動、好奇心、達成感に目をむけた体験の場を提供するコンテンツ。ただいま教室を全国展開中。
[幼少期に最適なSTEM教育入門プログラム「サイエンスゲーツ」HP: https://kids.athuman.com/kagaku/ ]
[ヒューマンアカデミーの子ども教育総合トップHP: https://kids.athuman.com/]
[GlobalとSTEMを中心に最新情報を発信する「こども教育総合研究所」HP: https://kids.athuman.com/cecoe/]

準備物
① 携帯電話 なければ 携帯用小型ライト(キーホルダー型くらいの小さいもの)  ※ライトのつくもので照明部分が小さいものです
② セロテープ 
③ はさみ
④ 青ペン、紫ペン(油性)
⑤ オロナミンC、デカビタなどの飲み物
⑥ プラコップ 1個
⑦ バナナ
⑧ あれば 配達済みのはがき、パスポート

 

6/18   プログラミング:Technology(技術)

子どもたちが夢中になる、ウィーケン!でも大人気のプログラミング授業を再構成!現役システムエンジニアから学ぶプログラミング。初心者から上級者までウェルカム!子どもたち同士が競い合いながら進む授業で、授業が終わってもプログラミング熱が冷めない!

 


講師:松浦朋佳(もか先生)
約10年、大手システムメーカーでシステムエンジニアとして活躍。原理原則を大切にしながら、一人一人に寄り添う。

準備物
参加者に別途ご連絡

 

6/25 図工:Arts(芸術・リベラルアーツ)

ついにリアルタイムで、おうちdeくじら図工室が実現!道具の使い方、接着の仕方、色の塗り方などの基本を学びながら、形や色の感覚を広げる時間!プロ指導の元、アートの感性を育みます!

くじら図工室講師 青木 絵実 
23歳の時に、レバノン・パレスチナ難民キャンプでアートを教えるボランティアに参加。アート教育の大切さや可能性を感じる。その後、上海日本人学校の図工教員を経て、くじら図工室を設立。「技術教育ではなく、アートを通した教育を」をモットーに、子供たちが自分で考え、生き生きと制作できるプログラムを日々模索中。
[くじら図工室HP: https://www.kujira-zukoushitsu.jp]

準備物

 

おうちdeウィーケン!放題6月の詳細はコチラ!

| オンライン体験